記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  一人で行う場合の準備

一見ややこしそうですが、動作自体はとてもシンプルで簡単。これがさすってもらう人がいない場合の代わりになります。下の前腕に軸を通す方法と、手首に軸を通す方法。2つを行った後すぐに上の腕支え系の体操を行ってください

スマホ画面を横にしてご覧ください

※やりにくかったら立って行ってください

手首に軸を通す方法
第12法a第12法の説明あ第3法desua
③②の状態で、軸(手首の角度)を固定したまま、左手を様々な大きさ、速さでパタパタとあおぎ運動で動かす。なるべくぶれないように、かつ両手とも脱力して行う




前腕に軸を通す方法第12a
12の説明あ  ダウンローaド
③肘を直角に曲げた時に、肘の角から指の幅2つ分程上腕側に寄ったところに、凹みがあるので、右手の親指の背中側で軽く押すと、ちょうど前腕を支える形になる。
その状態から、前腕をクルクルゆるむように回転させる
先程とは逆に肘の方向から前腕に軸が通っていく

②~③を2回繰りかえす 以上。前腕の軸も、手首の軸も両手ともおこなう




このページの方法は、月刊誌「秘伝」に連載されていた、高岡英夫さんの手首溶解法に書いてあったやり方です。
※トレーニングする人はこのページをブックマークしよう 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。